【2024年】 Chromebook のおすすめモデルを使用歴7年以上の管理人が紹介

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

今回の記事では、日本国内で販売されているChromebookのなかから、2024/02/19時点における最新モデルを中心におすすめのChromebookを紹介していきます。

Chromebookとは、Googleが開発した”Chrome OS”を搭載したノートパソコンのことで、WindowsやMac OSとはまた違う第3のパソコンです。Chrome OSを搭載した機種は様々なメーカーから登場しており、いまでは低価格なものから高機能・高性能なモデルまで幅広くラインナップされているのが特長です。

エントリーモデルからスタンダードモデル、ハイエンドモデルと多数の選択肢がありますが、価格帯で言えば5万円前後で販売されているChromebookが日本で販売されているChromebookの主流となります。ここでは価格で分けずに性能と機能からスタンダード、ハイスペックと2つのカテゴリーに分けて、それぞれのおすすめ機種をまとめます。

ちなみに、筆者はこれまでに30以上の Chromebook 実機を試しており、Professional ChromeOS Administrator やGoogle Workspaceの基礎資格などの資格も取得、Google Workspace と合わせて Chromebook も2015年頃から業務利用しているため経験と知識はそれなりにあります。

目次

スタンダードモデル

これまでエントリークラスという区分を設けていましたが、ある程度の性能を有するようになってきたため、2024/02/19の執筆時点から実験的にスタンダードとハイスペック(Chromebook Plus)の2つで分けていきます。

Lenovo IdeaPad Flex 3i Chromebook Gen8

「Lenovo IdeaPad Flex 3i Chromebook Gen 8」は2023年7月に国内投入を発表した新しいモデルで、アスペクト比16:10のWUXGA(1920×1200)解像度を採用した12.2インチディスプレイ、新しいIntel N100プロセッサを搭載していることが特長です。

4GBRAMと64GB eMMC 5.1ストレージを搭載するエントリーモデルですがWi-Fi 6サポートやHDMIポートを備え、バッテリー駆動時間は最長12時間、重さも約1.25kgと持ち運びと性能のバランスを重視するユーザー向きの1台です。

通常価格だとやや高めの印象ですが、セール等でお買い得になることもしばしばあるため、そのタイミングで購入できればコストパフォーマンスは良いモデルです。

Lenovo
¥43,300 (2023/09/17 11:09時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

Lenovo 100e Chromebook Gen 4

より手頃な価格でコンパクト、かつ新しいモデルをお探しであれば11.6インチの「Lenovo 100e Chromebook Gen 4」がおすすめです。このモデルは Kompanio 520 と 4GBRAM を搭載し、MIL-STD 810Hに準拠した堅牢性を備えつつ、重さは1.23kgと比較的軽量です。唯一、液晶が見づらいことがネックですが、価格を重視すると妥協は仕方ありません。こちらもセールでお買い得になることがあるため、タイミングを見計らうと良いでしょう。

Lenovo
¥20,800 (2024/02/16 15:24時点 | Amazon調べ)

ASUS Chromebook CM30 Detachable

手軽さとコンパクトさでは「ASUS Chromebook CM30 Detachable」が現在最もおすすめの1台です。Kompanio 520 と8GBRAMを搭載し、本体収納式スタイラスペン、キーボードカバーとキックスタンドつきカバーを備えたタブレットタイプの Chromebookです。過去におすすめしていた「CM3 Detachable」の後継機で、性能が向上したことでより使いやすくなりました。

Amazon では63,454円で販売されています。なお、LTE対応モデルが au Online shop で販売されているため、持ち運びに特化させたい場合はそちらもおすすめです(ただし4GBGRAM)。

ASUS
¥63,454 (2024/02/16 15:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ASUS Chromebook CM14 CM1402C / CM14 Flip CM1402F

「ASUS Chromebook CM14 CM1402C」は、2023年5月に発売された新しい14インチスタンダードモデルです。14インチ フルHDディスプレイ、Kompanio 520 プロセッサと最大8GBRAM、最大64GBストレージを搭載しています。

8GBRAM/64GBストレージモデルでも49,800円と5万円以下に収まるため、バランスの良い1台としておすすめです。

ASUS
¥49,800 (2023/07/24 10:23時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

一方、コンバーチブルタイプの「ASUS Chromebook CM14 Flip CM1402F」もあり。選べる構成も同じですがタッチ操作に対応した360度回転するヒンジを備え、さらに本体収納式のスタイラスペン搭載しています。

価格は少し上がって63,345円(Amazon参考)になりますが、性能と価格のバランスは悪くありませんので、タッチ操作とペン、コンバーチブルが必要なユーザーはこちらも検討する価値があります。

ASUS
¥63,345 (2023/07/24 10:29時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ASUS Chromebook CX1 CX1102CKA

「ASUS Chromebook CX1 CX1102CKA」は、11.6インチながらCeleron N5100と8GBRAM、32GBストレージを搭載し、重さは約1.21kgと持ち運びがメインになるユーザーにはちょうど良いモデルです。価格も42,800円と手頃なことが魅力です。

実際に4GBRAMモデルを試用してみましたが、クラウドベースの作業であれば十分な性能となっており、8GBRAMはさらにゆとりがありますので家庭用だけでなく学校やビジネスでもほとんどの場合で問題はないはずです。おすすめは8GBRAMモデルなので、購入時には4GBRAMモデルや古いモデルを買わないようお気をつけください。

ASUS
¥42,800 (2023/07/24 10:33時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ASUS Chromebook CX1(CX1500CKA)

15.6インチにテンキー付きのChromebookとして新たな選択肢になったのが「ASUS Chromebook CX1(CX1500CKA)」です。ノングレアのフルHDディスプレイで、Celeron N4500と4GBRAM/64GB eMMCストレージ、ポートもCとAが2つずつ搭載で価格は35,800円となっています。

堅牢性規格のMIL-STD 810H(ミルスペック)に準拠していたり、180度フラットに開く天板、最長11時間のバッテリー駆動など、価格のわりにバランスの取れたモデルだと思います。テンキーや大型Chromebookが必要なユーザーにはオススメです。

ASUS
¥35,800 (2022/08/05 20:18時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

Acer Chromebook CB314-4H / CB315-5H

これら2つのモデルはインテル N100 プロセッサを搭載した14インチと15.6インチモデルで、それぞれ2024年1月24日に国内発表されています。どちらも4GBRAMを搭載しますが、14インチモデルは32GBストレージ、15.6インチモデルは64GBストレージを採用しています。ポート周りは共通しており、USB-CポートとAポートがそれぞれ2つずつあるため、扱いやすいスタンダードなモデルとなっています。

価格は14インチモデルが49,800円、15.6インチモデルが52,800円と価格も平均的です。

日本エイサー
¥49,800 (2024/02/16 15:30時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
日本エイサー
¥52,800 (2024/02/16 15:31時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ハイスペック (Chromebook Plus) モデル

ほとんどのモデルが7万円以上となっていて、2020年後半から多くの機種が投入されたことで選択肢も増えましたが、購入のしやすさや使い勝手、価格を考えると案外選択肢が狭められてしまうのが現状です。

なお、昨年10月に Google が定義した「Chromebook Plus」というハードウェア要件を満たした Chromebook も2024年2月から日本国内で販売を開始しました。Chromebook Plus についてはこちらをご覧ください。

ASUS Chromebook Plus CX34 CX3402

2024年2月14日に国内初投入された Chromebook Plus モデルで、とてもバランスが良く筆者イチオシの1台が「ASUS Chromebook Plus CX34 CX3402」です。

ややバッテリー駆動時間が短いことと16:9のディスプレイですが、インテル第12世代 Core i3-1215U と8GBRAM、128GB UFS ストレージを搭載したハイスペックモデルで、ポートの充実やMIL-STD 810Hの堅牢性で約1.45kgと持ち運び許容範囲内、価格も79,800円と性能の割に手頃なことが魅力です。

ASUS
¥72,545 (2024/02/16 15:41時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ハイスペックモデルのスタンダードと言える仕上がりの1台なので、性能の高い Chromebook を最初に買うときにもおすすめです。

ASUS Chromebook Flip CX5(CX5601)

国内では現状唯一、アスペクト比16:10の16インチディスプレイを搭載するChromebookが「ASUS Chromebook Flip CX5 (CX5601)」です。このモデルはテンキー付きで、インテル第12世代Core i3-1215Uと8GBRAMを搭載するハイスペックモデルとなっています。

指紋センサはありませんが、USIペンをサポートしたコンバーチブルモデルで、サイズと性能のバランスがとても良く、据え置きで使いたいユーザーにはおすすめの1台です。また、通常価格は99,800円ですが、たびたびセールになって84,980円前後で購入できることも魅力です。

ASUS
¥84,980 (2023/07/24 10:45時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

購入の前の注意点

最後に、Chromebookを購入する前に気をつけてほしいことが2つあります。

自動更新ポリシーの期限

1つ目はChromebookの購入に際して気をつけて頂きたいのは、購入しようとしているChromebookの「自動更新ポリシーの期限」がいつまであるかということです。

この「自動更新ポリシーの期限」とは、GoogleがChromebookなどのChrome OSデバイスに定めたOSのアップデート保証期間のことで、最長で約10年間の期間が確保されています。しかし、この期間はデバイスごとに定められているため、発売日や購入日から10年ではないことに注意してください。

詳しくは以下の記事にまとめています。

今の環境を置き換えられるか

Chromebookは、WindowsやMac OSとは違うOSのため、今まで使えていたアプリケーションなどが動作しない可能性は十分にあります。

例えばマイクロソフトのオフィスソフトはその例で、WindowsやMac OSのようにインストールして使うことができませんが、Web版のオフィスオンラインは利用することが可能です。

アクセスしていただければわかると思いますが、他OSにインストールして使うものよりもシンプルな機能しか搭載していません。また、専用ソフトやクラウド非対応の業務基幹ソフトなども使えない可能性があります。

そういった問題を回避するため、OSはWindowsやMacでもChromeブラウザだけを使ってクラウドベースで作業をしてみるなど、自分の環境でどこまで使えるかを確認しておくと安心です。さらなる問題解決として、Amazon WorkspacesといったVDIなどの導入などもあります。

実際にChromebookを導入するメリット・デメリットは皆様違うと思いますが、以下の記事で簡単に紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

当ブログでは、できるだけそういった情報もお届けしますし、今回のように都度おすすめ機種についても更新していきますので、これからもぜひチェックして頂ければ幸いです。

  • URLをコピーしました!
Masahide Omura
Product Marketing Manager
40台以上の Chromebook を試し、Chromebook と Google Workspace の業務利用だけでなく導入・活用支援も行う。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。
目次