ASUS Chromebook Plus CX54 (CX5403) が公式サイトに登場。第14世代 Intel Meteor Lake を搭載

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

先日、Intel が次世代チップセットとなる第14世代 Meteor Lake を発表した後、その最新チップセットを備えた最初の Chromebook として ASUS が「ASUS Chromebook Plus CX54」を公式サイトで公開しました。

この新しい Chromebook は正式には「 ASUS ExpertBook CX54 Chromebook Plus Enterprise (CX5403) 」と名付けられており、名前にエンタープライズが含まれていることからビジネス向けモデルとなります。名前が長いので、当記事ではわかりやすく「ASUS Chromebook Plus CX54」と紹介していきます。

「ASUS Chromebook Plus CX54」は14インチに2,560×1,600 解像度ディスプレイを採用し、明るさは500nitsとなっています。天板を開けたときにヒンジ部分がキーボードの下に回り込むようなエルゴリフトを採用、バックライト付きキーボードと指紋センサ(おそらくオプション)を備えています。

本体左側面にはUSB-C(Thunderbolt 4)ポートとmicroSDカードスロット、右側面にはUSB-C(Thunderbolt 4)ポートが1つとAポートが2つ、ヘッドホンジャック、HDMIポートも備わっています。Webカメラはプライバシーシャッターを備えた8MPセンサーを搭載、スピーカーはHarman/Kardonによる調整が加わっています。

CPUには最大で第14世代となる Core Ultra 7 プロセッサー、最大16GBRAM LPDDR5x 6400MHz と最大512GB NVMe PCIe 3.0 SSDを搭載します。第14世代はPCIe 4.0 規格を搭載できますが、3.0になっている点はコストを抑えるための可能性があります。バッテリーは64WHrsで、おそらく公称値は10時間以上となるはずです。

本体はフルメタル仕様のボディとなっていて、厚みは1.69cmと薄く、何より重さは約1.3kgと ASUS の14インチ ハイエンド Chromebook としては非常に軽いことが特長です。

エンタープライズ向けとして「HP Elite Dragonfly Chromebook」を意識していると思われる作りで、高性能でバランスの取れたモデルに仕上がっていますし、何より軽いという点が魅力的なモデルになっています。ASUSの久々の本気具合が見えますね。

現時点では価格と販売時期、地域などについてはわからないため、正式発表すると見られる CES 2024 まで待ちましょう。

  • URLをコピーしました!

著者情報

Masahide Omuraのアバター Masahide Omura Product Marketing Manager

Professional ChromeOS Administrator 取得者。これまでに40台以上の Chromebook を試し、業務でも Chromebook や Google Workspace の導入・活用支援も行う。本業はアクセス解析や広告運用、ときにPMM。プロフィールはこちら

目次