Wear OS の Play ストア の検索結果表示がより多くの情報を表示するようになりました

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Google は Wear OS の Play ストア を更新しており、スマートウォッチ内からアプリを検索すると、検索結果に表示されるアプリの情報がより多く表示されるようになりました。

これまでの Play ストアでは、コンパクトな代わりに縦にスクロールする必要がありましたが、それに代わってカード型表示を備えたアプリのリストを提供するようになっています。新しいリストでは、アプリのアイコンとその右側に「インストール」または「開く」ボタンが表示され、その下にアプリ名、評価、スクリーンショットなどが表示されるようになります。

これまでの表示よりも新しい表示のほうが情報量は多くなるものの、やや窮屈です。とくにPixel Watchでは丸い画面の中で表示されるため、隅が欠けてしまって結局スクロールが必要になります。あと、日本語だと[インストール]の表示が新しい画面だと見切れてしまいます。

このあたりは今後調整されると思いますが、現時点ではちょっと使いづらいですね。

新しいアプリのリスト表示は、Wear OS の Play ストアで検索をしたときの検索結果のみに表示され、すでにインストールされているアプリの一覧(アプリの管理)では前の表示のままとなっています。現在は広く利用可能になっており、筆者も実際のデバイス(Pixel Watch)でスクリーンショットを撮影しています。

Google(グーグル)
¥33,200 (2023/09/13 14:45時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

Source 9to5Google

  • URLをコピーしました!

著者情報

Masahide Omuraのアバター Masahide Omura Product Marketing Manager

Professional ChromeOS Administrator 取得者。これまでに40台以上の Chromebook を試し、業務でも Chromebook や Google Workspace の導入・活用支援も行う。本業はアクセス解析や広告運用、ときにPMM。プロフィールはこちら

目次