Android 13で「前回のフル充電からのバッテリー使用状況」の表示が復活するようです

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.
google-pixel-6-pro-front-image

Android 13の最新アップデートでは、「前回のフル充電からの使用状況」を確認することができるようになり、フル充電後から1時間ごとのバッテリー使用量がわかりやすくなっています。

Android 12ではバッテリーのページデザインが変更されたことによって、過去24時間のバッテリー使用状況が表示されるようになりましたが、充電の有無に関わらない表示のため却って分かりづらくなりました。

この変更はAndroid 13 QPR1 ベータ版の更新で明らかになったもので、最新のアップデートでは残りバッテリー容量と残り時間、その下に[バッテリー使用量]という項目が表示されます。これをタップすることで、「前回のフル充電以降のバッテリー残量」を曜日ごと(1日)と1時間毎の推移で確認できます。

さらにその下にバッテリーを消耗しているアプリと時間が表示されるようになります。

気づかないうちにバックグラウンドで動作してバッテリーを食っているアプリなど、例えば充電後に急にバッテリーの消費が増えたときの要因を特定しやすくなります。

この変更は今年後半のアップデートで反映されることが期待されます。

Source: 9to5Google

  • URLをコピーしました!
Masahide Omura
Product Marketing Manager
40台以上の Chromebook を試し、Chromebook と Google Workspace の業務利用だけでなく導入・活用支援も行う。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。
目次