マイクロソフトのOneDriveがM1 Macでもネイティブに動作するようになりました

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.
microsoft-onedrive-support-apple-Silicon-devices

マイクロソフトのデータ共有&同期クライアントとなるOne Driveが、Appleシリコン搭載のMacデバイスでもネイティブに実行できるようになったことを公表しました。

本来であれば2021年末にリリースする予定となっていましたが、時間がかかったようです。

これまではRosette2を介した動作となっていたため、M1 Mac上でも使うことはできましたが消費電力やRAMの最適がされていませんでした。

しかし、今回のアップデート(バージョン22.022)からAppleのM1、M1 Pro、M1 MaxプロセッサなどのAppleシリコン搭載デバイスを最大限に活用できるようになります。

また特定のフォルダをOneDriveに自動でバックアップする機能のプレビュー版も公開される予定で、これによってMac上の”デスクトップ”や「書類」フォルダーの内容を自動でOneDriveにバックアップできるようになります。

  • URLをコピーしました!
Masahide Omura
Product Marketing Manager
40台以上の Chromebook を試し、Chromebook と Google Workspace の業務利用だけでなく導入・活用支援も行う。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。
目次