Samsungが11インチ「Chromebook 4」と15インチ「Chromebook 4+」を正式発表

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.
samsung-chromebook-4-and-4+

先日、法人向けの販売店でしれっと掲載されていた15.6インチの「Samsung Chromebook 4+」ですが、11.6インチの「Samsung Chromebook 4」とともに、本日公式発表となったようです。

公式発表となったおかげで、いくつかのバリエーションがあるようなので、改めて2つのモデルのスペックをまとめておきます。

目次

Samsung Chromebook 4 / 4+ のスペック

samsung-chromebook-4-plus-00
  Samsung Chromebook 4 Samsung Chromebook 4+
ディスプレイ 11.6インチ
1,366 × 768
アンチグレア
15.6インチ
1,920 × 1,080
アンチグレア
CPU Celeron N4000
1.1-2.6GHz(2c/2t)
RAM 4GB / 6GB
内部ストレージ 32GB / 64GB eMMC
外部ストレージ microSD
ポート USB-C ×1
USB-A ×1
イヤホンジャック
USB-C ×2
USB-A ×1
イヤホンジャック
バッテリー 最大12.5時間 最大10.5時間
その他 MIL-STD 810G準拠(8項目)
サイズ 287.9×202.3××16.7mm 359.7×244.9×16.5mm
重さ 1.18kg 1.7kg
価格 229.99ドル 299.99ドル

スペックと価格については、このようになっています。

先日紹介している「Chromebook 4+」のとおり、11.6インチも大きく変化はないようですが、意外にも6GBRAMという選択肢があるのに驚きです。

ただ、Chrome OSなら8GBRAMまで行かなくても何とかなりそうですし、価格の面を考えても少し安く抑えることができるなら、悪くない選択肢かもしれません。

さらに意外なことに、特に11インチモデルは1.18kgという軽さですが、8項目のMIL-STD 810G準拠の堅牢性を確保しているということなので、ChromebookでMILスペック準拠のモデルとしては最軽量になるかと思います。

もちろん、15.6インチもMILスペック準拠ですし、サイズの割に1.7kgと比較的軽いモデルになっています。

それでいて、どちらも価格は300ドル以下に収まっていることを考えると、かなり競争力の高いモデルであると思います。

正直、個人的には11インチは驚きレベルの完成度な気がします。

しかし残念ながら、これまでのSamsungのChromebookと同じく、現時点で購入できるのがSamsung.comのサイトからかBestBuyとなっているようです。

米国Amazonに各モデルが登場していましたので、興味を持った方はぜひチェックしてみてください。

レビューを見ていると、ディスプレイの質にやや難ありといったところで、ここは価格なりということでしょう。

余談ですが、11インチが「Bluebird」、15インチが「Casta」のコードネームのモデルでした。

  • URLをコピーしました!

著者情報

Masahide Omuraのアバター Masahide Omura Product Marketing Manager

Professional ChromeOS Administrator 取得者。これまでに40台以上の Chromebook を試し、業務でも Chromebook や Google Workspace の導入・活用支援も行う。本業はアクセス解析や広告運用、ときにPMM。プロフィールはこちら

目次