Xiaomiが「Redmi 13C」をインドで発売。4Gモデルと5G対応モデルの2機種

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

XiaomiはサブブランドRedmiから、手頃な価格のエントリースマートフォン「Redmi 13C 4G」および「Redmi 13C 5G」をインド市場で発売しました。4Gモデルと5G対応モデルでディスプレイサイズなどは共通していますが、搭載しているチップセットとリアカメラが異なっています。

「Redmi 13C 4G」と「Redmi 13C 5G」のどちらも90Hzリフレッシュレート対応の6.74インチ(1,600×720)ディスプレイ、18W急速充電に対応した5,000mAhバッテリー、側面指紋センサ、AI顔認証ロック解除、Wi-Fi 5 ac / Bluetooth 5.3などをサポートし、Android 13ベースの MIUI 14で動作しています。本体のサイズも168×78×8.09mmと共通しており、重さも192gと同じになっています。

違いの1つであるチップセットは「Redmi 13C 4G」がMediaTek Helio G85を搭載、「Redmi 13C 5G」がMediaTek Dimensity 6100+ 5G を搭載しています。もう一つの違いであるカメラは、リアカメラが「Redmi 13C 4G」が50MPメインカメラと2MPマクロカメラのデュアル仕様となっていますが、「Redmi 13C 5G」は50MPメインカメラのみが搭載されています。また、フロントカメラが4Gモデルは8MPですが、5G対応モデルは5MPとなっています。

なお、選べるRAMとストレージの容量は共通していますが、4GモデルのストレージはeMMC 5.1規格となっていて、5G対応モデルはUFS 2.2規格を搭載しています。RAMはどちらもLPDDR4Xです。

  • 4GBRAM + 128GB
  • 6GBRAM + 128GB
  • 8GBRAM + 256GB

価格については、4Gモデルが順に₹8,999(約1.6万円)、₹9,999(約1.8万円)、₹11,499(約2万円)となっています。5G対応モデルが₹10,999(約2万円)、₹12,499(約2.2万円)、₹14,499(約2.6万円)です。性能から考えると手頃な価格設定になっていると思われます。

グローバルで展開されるかはまだわかりませんが、前世代となる「Redmi 12C」が日本を含めてグローバル展開されているため、来年あたりにリリースされる可能性はありそうです。もしリリースされるとすれば、価格もおそらく大きく変わらないと予想されます。

Xiaomi公式 楽天市場店
¥14,800 (2023/12/06 22:09時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
  • URLをコピーしました!

著者情報

Masahide Omuraのアバター Masahide Omura Product Marketing Manager

Professional ChromeOS Administrator 取得者。これまでに40台以上の Chromebook を試し、業務でも Chromebook や Google Workspace の導入・活用支援も行う。本業はアクセス解析や広告運用、ときにPMM。プロフィールはこちら

目次