日本でも「Galaxy Tab S9 FE / S9 FE+」が発売。「Tab S9FE+」は5G対応

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Samsung が今月初めに海外で発表したばかりの Android タブレット「Galaxy Tab S9 FE」と「Galaxy Tab S9 FE+」の2つのモデルが、日本でも発売することが発表されました。どちらも本日から予約受付を開始し、2023年10月19日より販売開始となります。

今回リリースされた「Galaxy Tab S9 FE」シリーズは、フラッグシップの「Galaxy Tab S9」シリーズとよく似たモデルですが、内部的にはやや控えめに作られており、そのぶん価格も手頃になっています。

サムスン公式サイトにおける販売価格は、10.9インチの「Galaxy Tab S9 FE (Wi-Fiモデル)」が68,799円となっています。もうひとつの5Gに対応した12.4インチの「Galaxy Tab S9 FE+ (5G)」は、au 経由での購入となるためプランなどで変動するものの、本体価格は105,800円となっています。

なお、「Tab S9 FE」はAmazon等でも販売(予約)を開始していますので、そちら経由で購入もできます。

「Galaxy Tab S9 FE」シリーズの本体はリサイクルアルミニウムを使用、IP68防水・防塵を備えています。ディスプレイサイズは異なりますが、どちらも90Hzリフレッシュレートに対応します。プロセッサも共通して Exynos 1380 を搭載し、「Tab S9 FE」が6GBRAMと128GBストレージ、「Tab S9 FE+」が8GBRAMと128GBストレージを搭載しています。microSDカードにより最大1TBまで拡張できます。

リアカメラとフロントカメラはそれぞれ8MPと12MPを搭載しますが、「Tab S9 FE+」のみ追加で8MP超広角のリアカメラがあります。バッテリー容量は「Tab S9 FE」が8,000mA、「Tab S9 FE+」が10,090mAhとなっています。あとは大体が共通しており、Wi-Fi 6(6E)/Bluetooth 5.3サポート、Android 13、Sペン対応などがあります。

また、どちらのモデルも4世代のAndroid OS アップデート、5年間のセキュリティアップデートが保証されていますので、長く使いたいユーザーも安心です。

Galaxy
¥68,800 (2023/10/12 10:51時点 | Amazon調べ)
目次

スペック

Tab S9 FETab S9 FE+
OSOne UI
based Android 13
One UI
based Android 13
ディスプレイ10.9インチ TFT
2,304×1,440
90Hz
12.4インチ TFT
2,560×1,600
90Hz
CPUExynos 1380Exynos 1380
RAM6GB8GB
内部ストレージ128GB128GB
外部ストレージmicroSD
(最大1TB)
microSD
(最大1TB)
リアカメラ8MP8MP
8MP(超広角)
フロントカメラ12MP12MP
ポートUSB-CUSB-C
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.3
5G
Wi-Fi 6E
Bluetooth 5.3
バッテリー8,000mAh10,090mAh
その他指紋センサ
Sペン対応
指紋センサ
Sペン対応
サイズ254.3×165.8×6.5mm285.4×185.4×6.5mm
重さ523g628g
  • URLをコピーしました!

著者情報

Masahide Omuraのアバター Masahide Omura Product Marketing Manager

Professional ChromeOS Administrator 取得者。これまでに40台以上の Chromebook を試し、業務でも Chromebook や Google Workspace の導入・活用支援も行う。本業はアクセス解析や広告運用、ときにPMM。プロフィールはこちら

目次