Google Home アプリ のルーティンに新しい開始条件とアクションが追加

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Google Home は最近になっていくつかのアップデートを受け取っていますが、本日から全てのユーザーを対象にして、[オートメーション]タブから設定できるルーティンに、新しい開始条件とアクションを追加したことをGoogleがコミュニティへの投稿で発表しました。

これまで一部の機能はプレビュープログラムに参加する必要がありましたが、今回の機能の追加は登録する必要はなく利用可能です。

追加された9つの開始条件と自動化の例は次のとおり。

  • 開閉:窓が開いているときは、サーモスタットをオフにします。
  • デバイスが充電中/接続されています: EV が充電中、音楽の再生やアップデートのダウンロードが自動的に開始される可能性があります。
  • 温度:内部の温度が 80 度を超えたら、窓を開けて扇風機をオンにします。
  • 音量がミュートされています:音楽をミュートすると、スピーカーが自動的にオフになったり、タイマーが開始されたりすることがあります。
  • デバイスがドッキングされている/ドッキングされていない:モップ、芝刈り機、掃除機でよく見られます。例: 掃除機がドッキングすると、掃除機かけが完了したことを家庭にブロードキャストします。
  • デバイスは一時停止中: テレビ番組を一時停止すると、自動的に照明が暗くなったり、暖炉が点火されたりすることがあります。
  • ロックが詰まっている: ドアのロックが詰まっている場合は、ロックが詰まっていることを家にブロードキャストし、ライトを点滅させます。
  • 湿度の割合:湿度が 40% を下回ったら、加湿器をオンにします。
  • 占有検知:特定のゾーンまたは部屋に人が検知されると、ライトが点灯します。

また、新たに追加されたアクションと自動化の例は次のようなものが挙げられています。

  • 光の効果:パルスライトから目覚め/睡眠、さらにはカラーループまで。以下に試してみる例をいくつか示します。
  • パルス:視覚的なフィードバックを提供します。ドアベルが押されると、寝室の照明が点滅します。
  • ウェイク/スリープ: アラームを解除するときは、1 時間かけてゆっくりとライトを目覚めさせます。
  • カラーループ: 「パーティータイム」と言うと、カラーループが 30 分間点灯します。
  • デバイスの開閉:窓、ドア、ブラインドは次の操作で簡単に開閉できます。午前 7 時にブラインドを開けます。午後10時にブラインドを閉めます。
  • デバイスをドッキング:掃除機、モップ、芝刈り機などのデバイスをドッキングするアクションを設定できるようになりました。午後 5 時に掃除機をドッキングします。
  • 湿度の設定:温度に応じて家の湿度を設定できます。これらの行動は空気の質を改善するのに役立ちます。家の湿度が低すぎる場合は、加湿器をオンにします。
  • デバイスの一時停止/一時停止解除:テレビ、音楽プレーヤー、ビデオ ゲームなどのデバイスを一時停止または一時停止解除するだけです。掃除機、スプリンクラー、食器洗い機、洗濯機、乾燥機などの家電製品も制御できます。ドアベルが鳴ったら、ロボット掃除機を一時停止してください。 
  • タイマー:料理、掃除、用事などのタスクのタイマーを開始、一時停止、再開、またはキャンセルします。これらの例を確認してください。
    • タイマーを30分にセットして夕食を作ります。
    • 食べ物を確認する必要があるときは、タイマーを一時停止します。
    • 食べ物のチェックが終わったらタイマーを再開します。
    • 家を出る必要がある場合はタイマーをキャンセルしてください。
  • 音量ミュート:沈黙の時間が必要な場合は、電話、テレビ、音楽プレーヤーなどのデバイスをミュートまたはミュート解除します。子供たちが寝る午後 9 時にテレビをミュートします。
  • デバイスの再起動:ルーター、ゲーム機、ラップトップ、テレビなどのデバイスをすばやく再起動します。このアクションは、問題の解決やパフォーマンスの向上に役立つ可能性があります。毎月 1 日にルーターでデバイスの再起動をスケジュールします。 
  • ソフトウェア アップデートを実行する:ソフトウェア アップデートを実行します (WiFi ルーターなど): ソフトウェア アップデートを実行するこのアクションにより、デバイスのセキュリティとパフォーマンスが向上します: ソフトウェア アップデートのスケジュールを設定します。

なお、これらの機能のサポートはデバイスメーカーによって制限されている可能性があるとしており、Google Home アプリを利用して開始条件やアクションが利用できないこともあるようです。サポートされているデバイスと開始条件・アクションについては、以下のページで確認が可能です。

Source Google

  • URLをコピーしました!
Masahide Omura
Product Marketing Manager
40台以上の Chromebook を試し、Chromebook と Google Workspace の業務利用だけでなく導入・活用支援も行う。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。
目次