Google フォト が新しい「Memories」タブを導入。AIによる新しいタイムラインビュー

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Google は、Google フォトに保存されている写真をAIによって自動的にキュレーションして整理する、新しい「Memories (思い出)」というタイムラインビューを導入したことを発表しました。この機能は本日から米国で展開が開始され、今後数ヶ月以内にグローバルで利用可能になる予定です。

「Memories」は、Google フォトの下部メニューバーに表示されるようになり、これをタップするとスクラップブックのようなタイムラインが表示され、思い出に残る写真や旅行などがまとまって表示され、カスタマイズしたり共有したりできるようになります。

MemoriesのビューはAIが自動生成しますが、生成されたものを保存するだけでなく、最初から自分が作成することもでき、表示された思い出をすべて表示・非表示にしたり、特定の写真や動画の追加や削除なども簡単にできるようになります。

表示された思い出のタイトルが提案され、気に入らない場合は変更することもできます。この機能は写真をイチから自分でまとめる手間が省けるというメリットがあるものの、常に正しい結果になるとは限らないことに注意が必要です。また、Memoriesを簡単に共有したり、共有した相手と共同で編集することもできます。

近々、Memoriesで表示された思い出を動画として共有する機能が追加されるとしており、メッセージアプリやソーシャルメディアアプリを使用して共有できるようになります。

ちなみにMemoriesの登場によって共有タブが下部メニューバーからなくなりました。

Source Google

  • URLをコピーしました!
Masahide Omura
Product Marketing Manager
40台以上の Chromebook を試し、Chromebook と Google Workspace の業務利用だけでなく導入・活用支援も行う。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。
目次