Google Classroom に期限を過ぎた課題の提出を無効にするオプションが追加

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Google Classroomは採点期間に関するいくつかの機能を追加していますが、今回新たに導入された機能として、教師が設定した期限を過ぎた課題の提出を無効にすることができるようになりました。

今までは期限を過ぎても課題を受け取るしかありませんでしたが、今回の変更によって新しい課題を作成するときに教師が厳密な期限を決めることができます。デフォルトでは期限を過ぎても課題の提出を許可しているため、必要に応じてオプションを有効にします。

これによって、いつでも課題の提出を停止することもでき、学期中や年間の課題などしっかりと期限が決まっているものは期間中のみ許可し、その期間が終了するとオフにすることもできます。

この機能に関する管理者の操作はなく、新しい課題を作成するときにオプションが表示されるようになります。

Google Workspace ユーザー および 個人のGoogleアカウントを持つユーザーが利用可能で、2023年7月27日以降段階的にロールアウトされており、機能が公開されるまで最大15日かかります。

なお、Googleによれば要望の多かった機能のようです。

Source Google Workspace Updates

  • URLをコピーしました!
Masahide Omura
Product Marketing Manager
40台以上の Chromebook を試し、Chromebook と Google Workspace の業務利用だけでなく導入・活用支援も行う。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。
目次