モトローラが「Motorola Edge 40」をヨーロッパでリリース。価格は550ユーロ

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

モトローラが手頃な価格でバランスの取れたスマートフォンとなる「Motorola Edge 40」をヨーロッパ市場でリリースしました。モトローラは先月にもハイエンドモデル「Edge 40 Pro」をリリースしていますが、その兄弟機という立ち位置のモデルとなります。

事前にほとんどの情報がリークされていますので目新しさはありませんが、「Motorola Edge 40」のスペックは次のようになります。

Edge 40
OSMyUX 5.0
Android 13
ディスプレイ6.55インチ OLED
2400×1080
144Hz
CPUMediaTek Dimensity 8020
RAM8GB
LPDDR4X
内部ストレージ256GB UFS 3.1
外部ストレージ
リアカメラ50MPメイン
13MP超広角/マクロ
フロントカメラ32MP
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.2
ポートUSB-C(2.0)
バッテリー4,400mAh
68W急速充電
15Wワイヤレス充電
その他IP68
サイズ158.4×72×7.6mm
重さ167g(アクリル)
171g(Nebula Green、Eclipse Black)

「Edge 40 Pro」と比べると抑えるところは抑えられていますが、バランスの取れたミッドレンジスマートフォンとして仕上がっています。

「Edge 40」には2つのモデルがあり、1つはブルーのアクリル素材の筐体と、ブラックもしくはグリーンのビーガンレザーを使用した筐体の2つがあります。後者のレザーは171gですが、アクリルは176gとなっています。3つともIP68の防水・防塵を備えています。

リアカメラは50MPメインと13MPのマクロビジョンが搭載された超広角カメラ、フロントカメラは32MPとなっています。バッテリーも4,400mAhの容量に加え、68Wの有線充電と15Wワイヤレス充電にも対応しています。

どのモデルも本日からヨーロッパ市場で発売され、8GBRAM/256GBストレージのみとなりますが、550ユーロの価格で販売されます。

  • URLをコピーしました!
Masahide Omura
Product Marketing Manager
40台以上の Chromebook を試し、Chromebook と Google Workspace の業務利用だけでなく導入・活用支援も行う。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。
目次